八幡法人会は、北九州市戸畑区、八幡東区、八幡西区3区の会員企業から構成されています。ボランティア活動などを通して地域社会の発展に貢献できるよう活動を行っています。

会長ご挨拶


八幡法人会 会長
佐田 建朗

 「公益社団法人」の看板を頂き、4年が経過致しました。

 会員の皆様には、常日頃法人会活動にご協力を頂いており、深く感謝申し上げます。

 さて、昨年のこの時期に熊本地方で大きな地震が発生しましたが、改めてお亡くなりになられた方々に哀悼の意を捧げ、災害に遭われた方々に心からのお見舞いを申し上げます。

 その折全国の法人会の皆様方から義援金が寄せられ、八幡法人会有志からも沢山のお志を頂きましたこと、改めて厚くお礼を申し上げます。

 東日本大震災の復興の目処が未だに立っていない中、被災地の早朝の復興、そして日本経済の逞しい再生を切に願うばかりです。

 さて、日本経済はアメリカのトランプ大統領の登場以来、荒波の如く翻弄されていますが、曲りなりにも経済成長と財政の健全化を進めて、法人会会員の皆様の足下に景気回復が訪れることをお祈り致します。

 ところで、全国的に法人会会員の減少傾向が続いている中、増加に転ずる法人会が徐々に増えつつあるようで、八幡法人会も僅かながらプラスに変わってきました。

 法人会の健全な基盤強化の為には、会員の増強は大きなテーマであります。

 会費収入のもう一つの柱である福利厚生事業の手数料収入は、「3年10億円増加運動」の成果を得て、大変有難く助かっています。

 公益社団法人として、地域創生の一翼を担って、地域社会・地域経済に如何に関わっていくか、どのように貢献していくか、これまで以上に公益性の高い事業を推進していきたいと考えています。

 会員の皆様方の更なるご協力を頂ますよう、お願い申し上げます。

 話は変わりますが、鳴り物入りでスタートしたマイナンバー制度は、国民の皆様方のご理解・協力により、次第に定着しつつあると考えます。

 又、9年前にスタートした電子申告納税「イータックス」も相当に普及が進み、国民サービスの利便性、公平性、行政の効率化の目的をぜひ果たして戴きたいと思います。

 八幡法人会の発展、会員企業のご隆昌をお祈り申し上げます。